GBS日暮里整骨院|日暮里の交通事故対応整骨院

スタッフ紹介

staff1
神田 大輔

事故に遭い高い確率でともなう疾患は「むちうち症」と呼ばれるものです。四六時中首の痛みや頭痛が起こり、症状が強い時には手にしびれが出たり力が入らなくなることもあります。
GBS日暮里整骨院では、まず事故によって引き起こされた痛みなのか、それとも身体のバランスによって痛みを誘発しやすい素因があったのかを、アライメント(本来あるべき各骨の位置)、体の筋力状態(握力の左右差など)、RCM(関節可動域)をモーションパルペーション(各関節を動かし、動きが阻害されている部分を見つける)を使ったり、身体のバランスを写真に撮り利用者様自身に確認してもらい、痛みの原因を徹底して見つけ出し伝え、理解してもらうことを大切にしています。
病院へ行ったが痛みが改善されない方は、ぜひ来院下さい。

staff2
柳川拓人

交通事故に遭われた人たちは、とにかく強い不安を持っています。今まで経験のない状況に遭遇し、経験のない症状に悩まされます。「良くならなかったらどうしよう」「生活が変わってしまうのではないだろうか」など不安は尽きません。GBS日暮里整骨院では、交通事故によるむちうち症や腰痛などの、怪我をした部位の発生機序をなるべく分かりやすく、具体的に説明するように心がけています。
その日その日の症状に一喜一憂せずに、利用者様の体に対しての指標をしっかりと持って施術にあたっています。
痛みや辛さには必ず原因があるので、その原因に対してしっかりアプローチしていくのがGBS日暮里整骨院の特徴です。

staff3
小林沙亜羅

交通事故に遭ったけれども、自覚症状がなく様子をみているという方は、一度私達にご相談ください。
事故直後は痛みが現れなかったけれど、時間が経つにつれて症状が出てきて、後遺症が長期間つきまとうというケースが非常に多いのです。

交通事故の利用者様は、ほとんどが整形外科に通院されますが、整骨院での施術もとても有効です。

特に、レントゲンやMRIでは異常がみられず、頚椎捻挫やむち打ちと判断された方や、痛くて辛いにもかかわらず、湿布や痛み止めが処方され困っている方には最適です。
画像上では見つけることができない微妙な頚椎のねじれや、可動性低下、周囲の筋肉の緊張などは、利用者さまのお身体に直接触れて確認することで、すぐに見つけることができます。

交通事故のことでお悩みの際は、ぜひご相談ください。プロの視点からアドバイスさせていただきます。

みんなのフォト

当院へのご予約・ご相談

0120-110-855

  • ご予約
  • ご相談

ページTOPへ